UNHCR,ILO,WHOの集中空席公募のお知らせ(3月23日)

○UNHCR
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)では,現在,外部候補者向けの集中空席公募を行っています。
 応募締切りは4月11日です。
 HP:UNHCR

○ ILO
 国際労働機関(ILO)の空席は,定期的に(年に3,4回ほど)まとまって募集がある制度になっており(RAPS:Recruitment, Assignment and Placement System),現在,以下の分野で人材を募集しています。
<募集分野>
・ 国際労働基準 ・ 労働法 ・ 雇用政策 ・ 労働における基本的原則及び権利 ・ 教育・職業訓練 ・ 若年雇用 ・ 労働統計 ・ 調査 ・ マクロ経済 ・ 労働経済 ・ 社会的保護 ・ 労働市場の情報 ・ 労働行政 ・ 労働移動 ・ マイクロデータ分析 ・ 社会対話 ・ 社会保障 ・ 労働監督 ・ 労働安全衛生

 職務や応募方法の詳細は以下のURLをご覧下さい。
 HP:ILO

<募締〆切>
 日本時間4月4日 (火) 午前7時(= スイス時間4月3日(月)24時)
<問い合わせ>
 E-mail(日本語可): erecruit @ilo.org 

○ WHO
 世界保健機関(WHO)では,現在,以下の空席公募を行っています。WHOではダイバーシティーを推進するため,特にシニアのポジションについて,女性候補の応募を歓迎しています。
 HP:WHO
 WHO(PDF)